体内で活性酸素が発生する5つの過程!

活性酸素が出来る時 身体の中では こんな時に活性酸素が出来ます。 活性酸素が出来る過程 体内では以下のように活性酸素が発生します。   ミトコンドリアでエネルギーを作る過程 ミトコンドリアとは細胞内の小器官で、 酸素を使って脂肪をエネルギーに変換します。   その過程で、酸素の一部が電子を吸収してスーパーオキシドラジカルや 過酸化水素に変化し、最終的にヒドロキシルラジカルになります。 このヒドロキシルラジカルは、 スーパーオキシドラジカルの100倍以上の強力な酸化力を持っています。   皮膚が紫外線を浴びた時 紫外線を浴びると一重項酸素に変化しします。 これはヒドロキシルラジカルの次に強力な酸化力を持ち、 メラニン色素を増やしてしみの要因となりま...

体内の活性酸素にも善玉と悪玉が有る!!

活性酸素の種類 悪者にされがちな活性酸素ですが、 活性酸素にも善玉と悪玉が有ります。 人間は酸素を吸って生きていますが、取り込んだ酸素の約2%は、 活性酸素という物質に変化します。   活性酸素には電子の数などにより、スーパーオキシドラジカル、一重項酸素、 過酸化水素、ヒドロキシルラジカルといった種類が有りますが、 全てが体に悪影響を与えるわけではありません。   善玉活性酸素 スーパーオキシドラジカルや過酸化水素などの活性酸素は、 善玉活性酸素の働き 1.体内に侵入したバクテリアやウィルスの撃退 2.血管を作る 3.精子を作る 4.活性酸素を除去する酵素を増やす といった大事な働きをしてくれます。   悪玉活性酸素 活性酸素は体内で酵素などに...