フロントガラスをカスタムする新発想 ー ソーラーインパクト ー



      このエントリーをはてなブックマークに追加

クライスラーの歴史

クライスラーは米国のミシガン州オーバーンヒルズに本社を置く自動車メーカーで、かつては自動車産業のビッグスリーと呼ばれていました。

しかし米国の金融危機を発端とした世界的な不況の影響から2009年に倒産しました。


クライスラーはその1か月後に再建を果たしましたが、主要株主となったイタリアのフィアットが残りの株を買い取って、2014年には完全子会社化しました。

現在クライスラーが所有しているブランドは、クライスラー以外にはジープとダッジとラムの3種類がありますが、日本で販売されているのはクライスラーとジープの2種類となっています。


フィアットの傘下になってからのクライスラー

以前はクライスラーでは数多くの車種を製造・販売していましたが、フィアットの傘下になってからはクライスラーのブランドと販売車種が大幅に削減されて、現在クライスラーから販売されている車種は、ボイジャー、300、200、の3車種と、アジアやヨーロッパ向けに製造さえている小型車イプシロンとデルタの2車種だけとなっています。


自動車産業のビッグスリー

クライスラーは、1925年にウォルター・クライスラーが設立したクライスラーコーポレーションからはじまり、その後経営が悪化するまでは常にフォードとGMと共に自動車産業のビッグスリーと賞賛されていました。


創始者であるウォルター・クライスラーが開発した直列6気筒のクライスラー・シックスを販売する会社として設立し、その後は量産車初となる4輪油圧ブレーキシステムやエンジンレイアウトをフロント前部に置いて直進安定性を高める設計などをして、高い技術力を持った車種を販売して成功しました。

ABOUT

運営者
カスタムビューティー
免責事項
当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。