フロントガラスをカスタムする新発想 ー ソーラーインパクト ー



      このエントリーをはてなブックマークに追加

カーコーティングの種類と特徴

カーコーティングにはいろいろな種類があるため、費用面やメンテナンスの頻度など、それぞれのコーディングの特徴と理解した上で自分に合ったものを見つけることをおすすめします。


カーコーティングの種類を大きく分ければ、油脂系、樹脂系、ガラス系、ガラスとなります。


油脂系と樹脂系

油脂系とは、油が水をはじく性質を利用したもので、施行が簡単で安価に施工できるところが大きな特徴です。

しかし雨などで早く劣化するのがデメリットで、こまめに洗車をして劣化した部分を取り除かなければいけません。

したがってメンテメンスをしっかりできるドライバーにおすすめです。

樹脂系は、イオン結合や分子結合によって高分子化合物を密着されることで、比較的安価となっています。


しかしワックスと同じように劣化しやすいので、定期的に洗車して劣化した部分を取り除いてあげる手間が必要です。


ガラス系とガラスコーティング

ガラス系とは、樹脂系にガラス繊維が入っているものか、ガラスに他の成分が入っているものを指します。

ガラスに他の成分が入っている場合は良質な商品が多いのでおすすめですが、樹脂系にガラス繊維が入っている場合は注意が必要です。


そしてガラスコーティングは、ガラス特有の透明性のある被膜でボディをしっかり守ってくれます。

費用面では高いのがデメリットですが、被膜の強さでは最強のボディーコーティングとなっています。

ガラスコーティングの場合は油分が含まれていないので、仕上がりにツヤ感がないと不満に思う方もいるかもしれません。

ABOUT

運営者
カスタムビューティー
免責事項
当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。